脂肪吸引の費用

Pocket

脂肪吸引のメリットはお伝えしましたが、費用に関してはやはりデメリットに入るのではないでしょうか。確かに整形手術はどれも価格は高価ですが、脂肪吸引はただ吸引するだけというイメージがあるためか、とても高いという印象があります。いくつかの病院の相場をいろいろ調べてみました。

デブ例えば顔全体の場合、安い病院では20万円以下、高い病院では50万円程度のところもあります。最多価格は30万程度となっているようです。おなか全体では安い病院でも25万程度、高い病院では70万円以上、最多価格が40万円前後となります。

太股全体の場合でも安い病院では38万円程度、高い病院では70万円程度、最多価格では40万円程度となります。お尻は安い病院では15万円弱、高い病院では40万円程度、最多価格でも40万円程度です。両腕は安い病院では10万円弱となり、高い病院では40万円弱、最多価格は25万円程度となっています。

足の場合、ヒザは安い病院が6万円、高い病院では50万円、最多価格は40万円弱となっています。また足全体でも安い病院は20万円弱、高い病院では50万円、最多価格は40万円程度です。このように極端に安い病院と高い病院などさまざまです。しかし極端に安い病院はやはり注意も必要ではないでしょうか。平均より極端に安い場合は、やはり薄利多売というイメージがぬぐえません。

美容整形とその費用、将来性

一昔前ほど、もの珍らしさはなくなってきた美容整形。目のプチ整形は今や高校生でもやっている人がちらほらいるくらいなのだが、これはメスを入れて目を切開はしないのでプチなわけだ。しっかり目頭を切開した二重まぶたの整形とか、鼻の整形は費用が大体100万円用意しておけば、術後の経過の診察も含めておつりがくるくらいだと考えておくと良い。

美容整形は言うまでも無く保険適用外なのでこれだけ高額だ。身体に関しての美容整形もあり脂肪吸引がこれに当たる。脂肪が付きやすい部位を中心にかなり細い器具で吸引をダイレクトに吸引する。こちらもまた術後の経過を診てもらう必要がある。

ただやはり美容整形をしている人は年月が経つと何となく顔が不自然だったり、つっぱってきたりして見える人が多い。それに自分の子供が出来た時に、整形前の自分の顔と似ていたりして心が痛むこともあるかもしれない。そういったことをすべて受け入れる覚悟が出来た後に手術は受けたいものだ。

美容外科を利用する者が増加しつつある背景

理想美容外科とは、美容整形に関する手術をする診療科である。美容外科で手術する内容は多岐にわたる。具体的にはバストサイズをアップすることを目的とする豊胸手術や一重まぶたを二重まぶたにする二重まぶた整形手術、スリムな体型にすることを目的とする脂肪吸引、シワや皮膚のたるみを除去するフェイスリフト、ワキガを改善する手術、そして腋毛やVラインなどムダ毛を脱毛する脱毛手術などが挙げられる。美容外科にて、これらの美容整形手術をする者は増加してきている。

美容整形手術をする者は、自分自身の容姿についてコンプレックスを持っており、美容整形手術をすることで自身の理想的な容姿を得ようとしているのである。このことは、近年の美容に対する意識が高まってきている証拠である。また一昔前までは美容整形手術したことを公表しにくい傾向があったが、最近は美容整形手術は市民権を得て、手軽に利用できる状況になりつつあり、美容整形手術する者が増加してきていると考えられる。